不育症とは?

2回以上の流産を繰り返す場合、流産の原因を検査する必要があります。

3回以上流産を繰り返す習慣流産には、おも5つの原因が知られています。
当院では、習慣流産の原因に応じて、ホルモン補充療法抗凝固療法、また特に免疫失調による習慣流産に対して、夫リンパ球免疫療法を行うことができます。

この治療に関しては、私が聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターにおいて研究員として、長く基礎研究を行ってきた領域であり、高度な専門的知見により、患者さんの治療に取り組みます。

不育症の治療

抗凝固療法

妊娠成立より速やかにヘパリン注射を行います。

薬物療法

膠原病類似疾患およびその関連因子の陽性者には、アスピリン、ステロイド、柴苓湯を使用し、因子の低下を促すことで、妊娠の継続を図ります。

免疫療法

おもに原因不明の習慣流産患者に対して、夫婦間の免疫学的相性を考慮し、減感作的な意図で免疫学的治療法を行います。感染症の無い夫の血液中からリンパ球を抽出し、習慣流産妻の皮内に注射していきます。

治療期間は約4ヶ月で、治療効果を確認して、次回の妊娠を勧めます。

夫リンパ球免疫療法

夫リンパ球免疫療法の起源

1980年代、まだ習慣流産という病態が認識されていない時代に、流産を予防する方法として本治療が始まりました。もともとは、腎臓移植を受けた患者さんの免疫を抑制し腎臓を生着させるための方法を、習慣流産に応用し流産を予防したことから生まれた治療です。

多くの研究者がその効能を発表した反面、この治療法に疑問を持つ一部の研究者が否定した時期があり、今日まで翻弄され続けた治療法です。

治療後に妊娠に成功する確率

原因が特定できなかった習慣流産で、この治療後に妊娠に成功する確率は70%と報告されています。しかしながら、本来は適応では無い自己抗体陽性患者にも行われていた時期がありそのデータも含まれている数値ですので、実際の診療で本来の適応患者のみに治療を行った印象では、90%程度の妊娠継続を期待できるものと考えられています。逆にこの治療を受けなかった場合は37%しか妊娠が続かなかったとの報告があります。

治療の実際

夫から血液30mlを採取し、そのリンパ球のみを選別し、妻の左右前腕に皮下注射していくものです。3週間ごとに合計4回、妊娠が成立した後にもう1回追加します。
本治療を実施できる施設は少なく、湘南地域では当クリニックのみで実施しています。

流産された方

一般に、妊娠したときに「流産」「死産」を考える方は少ないと思います。

しかしながら、流産した「赤ちゃん」は15〜20%にも及び、現実的に流産に遭遇してしまうことはあり得るものです。

仮に流産した場合、患者さんは悲しみに溢れ、医療者も流産手術のみを行い、ある意味で淡々と診療が進んでしまいがちです。
しかしながら、流産した「赤ちゃん」が、夫婦に与えてくれる情報ほど有益なものはありません。すなわち、流産の原因が「胎児側」に起因するかを確認するには、流死産した胎児の染色体を調べるしかないのです。この貴重なタイミングを逃すことなく、積極的な診療を進めることで、以後の妊娠に多大な利点が得られるのです。

流死産物染色体検査

当クリニックでは、2回目以上の流産を起こした場合に、通常の「病理組織検査」に加えて「流死産物染色体検査」を実施しています。

本検査は、あくまでも習慣流産、不育症診療の一貫として行いますので、引き続き当院で診療を行う場合に限定して行います。この「流死産物染色体検査」は、胎児性分のうち絨毛のみを選択的かつ保存的に、清潔に採取します。

この地域で本検査を実施する施設は当クリニックのみです。
なお、染色体検査の結果は約5週間で判明し、その結果に応じて診療を進めていきます。

診療内容一覧

クリニック紹介 コンテンツ